ザンザスのパーツ収集

こんちゃ、あいすBLASTです。

ザンザスのパーツ収集ですが実は水面下で進めています。
と言っても、前回のサンドブラストから半年経っているのですがフロントフォークの仕様が決めきれず延期し続けてきましたがやっとこ目途が立ったので決まってきた感じです。

前回までの流れ

サンドブラストを施した当機ですが、ただレストアするのもつまらないので各部厳選してパーツを組んでいこうというところで
フロントフォークの仕様が決まらないと進まなかった次第。。。

やっと手に入れたステム

色々採寸したデータをエクセルで並べていき、仕様を考えていたのですがプランがいくつか生まれました。

  • 41㎜フロントフォーク+ZZR600カートリッジ
  • 43㎜フロントフォーク+カートリッジ
  • ZXRフロントフォーク流用

の3つのプランで悩んでいました。

そもそもの前提としては、溶接無し・カラー作成無しとして組みたいという願望があり
気軽な純正流用で組み合わせたいというのが希望です。
溶接やカラー作成は場所が場所なので、きちんと加工ができたとしても不慮のトラブルに対応できないと困るということもあって
今回の選択となりました。

そして、ホイールをザンザス純正を使うか3.5Jホイールを流用するかで悩むのです。

ただ、それよりもカートリッジフォークにしてセッティングの幅を増やしたいほうが先決なのと
ZXR400の倒立フォークの流用と、43㎜フロントフォークの流用とは剛性の面から大体一緒じゃね?ってテキトーな感じで選んだのが

ZRX1100のステム

倒立が多くのザンザスカスタムで使われていますが、メンテナンスが面倒なのとH型のステムがほんとに手に入りにくい+フォークが高いので手がでず。
対象に43㎜フロントフォークならカートリッジ含めて入手が非常に容易でメンテナンス性も優れているのでZRXのステムにしました。

と言いましても、ZRX1100のステムって今度はGPZ900Rのカスタム界では有名なカスタムなので高騰しやすく探しても予算オーバー。。。
数か月探してようやく見つけたのです。

ZRXには1100と1200のステムが2つありますが違いがオフセットです。
もう少し希望を言うなら1200のオフセットが28㎜なのでいーなーと思っていたのですが、これまた高いので時期を見て違いを確かめてみたいと思います。

倒立のパーツが手に入るようになれば倒立も試してみたい気もしますがほとんどの方は倒立入れても見た目が9割の理由ですが、出回ってるZXR400のフロントフォークってフルアジャスタブルじゃなかったりするようで、レース用のSP仕様なんてほとんど出てこないでしょうから、見た目は気にしないと言い聞かせて43㎜で今後行こうと思います。

見た目は気にしない見た目は気にしない見た目は気にしない

だってかっこいいじゃないですか・・・・倒立・・・・
でも入れれないから、それに負けないぐらいの43㎜フロントフォークを作って組み上げていこうと思います。

フォークの仕様はほとんど決まっているので
次はフロントホイールをどうするかがテーマになりそうです。

ザンザスのホイールは3J
希望は3.5J
バランス的には120タイヤが履きたいのです。

でもデザインが変わってしまう。。。

どうしたものか考えものなのです・・・