マルチデバイスで使うテキストエディタ問題

マルチデバイスで使うテキストエディタ問題

こんにちは。あいすBLASTです。
前回はメモ帳について。今回はテキストエディタについてのお話です。

ブログの執筆や作文や論文を作るとき、皆さんはどういったツールを使用していますか?
私は近年Markdownを多少覚えたのでもっぱらマークダウン式でメモや執筆を行っています。
と言ってもHTMLが面倒で使っているだけなんですけどね(笑

さて、そんなMarkdownですが書いているうちにコードを忘れたり、プレビューしたかったりする場面があります。
そんな時に、エディターにMarkdown機能がついていないとプレビューが出来ません。
通常のメモ帳はプレビュー機能がついていないですし、HTMLに対応しててもMarkdownに対応していなければ意味がありません。

そこで今回は、Markdown対応アプリを血眼になって探したお話です。

※タブレットでの執筆前提のお話です。
ノートPCをやめて、iPadやAndroidのタブレットで、執筆を頑張るお話です。

投稿までの流れ

私がこういった記事を投稿するまでの流れとしては

下書き
Markdownで装飾
Wordpressにブラウザでコピペ
ブラウザで画像などを挿入
投稿

の順で行なっています。
この投稿のとき、Wordpressアプリを使ってしまうと余計なタグに変換されたりするので基本的にはブラウザから追加しています。
私のページでは、投稿コード類をすっきりさせるためにあれこれしているので、極力タグを入れたくないのです。
例えばPタグとかbrタグとかとかとか・・・・

ちょっと話がそれましたが、そんなこんなでMarkdown対応のソフトやアプリを使います。
私の環境ですと、基本的にはios環境ですがAndroid環境で編集することもあるのでマルチデバイスで使えるアプリを探してみました。

Simplenote

Simplenote

Automattic無料posted withアプリーチ

マルチデバイス完備。ほとんどの環境で利用可能。
またアカウント取得でデータ共有も100点。
だがしかし、なぜかファイル一覧に日付が表示されない。
なんでぇええええ!
日付でソートはできるのに、日付表示がない。
個人的に何月何日に編集したのかは重要。
Windows/MacOS/Android/iOS

Boostnote

Boostnote

William Timothy無料posted withアプリーチ

データ連携がなぜかクソ。iPadに対応しているようで対応していない。
PCで使うならもっといいソフトがある。
Windows/MacOS/iOS
iA Writer

iA Writer

Information Architects GmbH¥600posted withアプリーチ

iPad版改悪により、iCloud以外のクラウドストレージがライブラリに表示されない。外部ファイルをエディタに取り込んで編集する手間は痛い。
ただ、iOS環境で使うなら文句なしのアプリ。
動作も快適だし機能も書く人のことをよく考えて作ってある。書くのが楽しいけど、MAC版もWindows版もちょっと高額。
Windows/MacOS/Android/iOS
Inkdrop - Robust Markdown App

Inkdrop - Robust Markdown App

Takuya Matsuyama無料posted withアプリーチ

月々500円払えないので利用資格無し(笑)
というより、ブロガーごときが使うよりかがっつりコーディングする人向け。
Windows/MacOS/Android/iOS

androidのみ対応

JotterPad - 脚本や小説を執筆しよう

JotterPad - 脚本や小説を執筆しよう

Two App Studio Pte. Ltd.posted withアプリーチ

神アプリ。課金で機能開放がついている。
小説家とか書き物するならとてもおススメ。
iOSがiAwriterならばAndroidはこいつで決まり。
Android

他にもアプリはたくさんありますが、ファイル同期や使い勝手を考えるとこの辺りで選んでいくのが良さそうです。

ファイル共有問題

さて、アプリも絞り込めてきましたが問題になってくるのがファイルの取り扱いです。
サービス内でのデータ連携もしくはクラウドストレージでのデータ連携になるのですが、基本的にiOS端末はiCloudの強制に従うほかありません。
iCloudのデータとGoogleドライブとかDropboxなどが自動で共有されればいいのに・・・
pcでは同期フォルダを同一にすることで可能ですが、pcを起動しないと連携されないのはどう考えても手間です。

例えば、iAWriterで編集して保管するのも基本的にはiCloudです。
DropBoxに保管することは出来るには出来るのですが、アプリ内で完結できません。
一度取り出して入れなおすような感じです。

逆にAndoridであれば、そんな問題は皆無なのでPCと同じように直接開いて保管できるのでシームレスです。
つまりは、Androidであればアプリで編集して、PCから開いてもちゃんと同期されます。

しかし、iOS系のアプリだとサービス内部での同期はかかりますが、外部クラウドストレージに保管する場合は
一度クラウドからファイルを1つずつ取り出して読み込み、編集したらアップロードしなおさなければなりません。

すると単一のファイルだけ編集している分にはそこまで困りませんが、並行して編集する場合やドラフトだけさーっと書くときにいちいち1個ずつ保管しなければならないので非常にストレスです。

結論なにを使えばいいのか

結局のところ

iOSでiAWriterを使いicloudに連携させます。
そして、家に帰るとPCを起動させます。

すると、iCloudドライブの一部とDropBoxを連携させて同期します。
PCでは何かしらのテキストエディターを利用し編集・作成。
出先ではipadを使って同期させています。
これが一番楽な方法でした。

出先で書くことが多いので今のところipadにて執筆しています。
ただ写真の挿入などはipadだとやりにくいところがあるのでAndroidのタブレットにしようか検討中です。
どちらにしても、こういった便利なアプリはどちらの環境でもありますので
今はノートPCなどパソコンで書いてるよって人も、案外タブレットでの編集も手軽でいいものですので試してみてはいかがでしょうか?

PS.あれ?

この記事を書いてて思いましたが
常時起動のサーバーPCを構築して、アナログにiCloudとGoogleドライブとかDropBoxを同期させれば問題解決じゃね!??
この話はまた今度機会があったら試してみます。