整備 ブレーキマスターOH

エア抜きが肝心なのよ難易度★★★



さて、作業中に写真と取らないことで有名なKoNaKonaです。
フルードも変色し、そんなことは理由でなくてブレーキが効かない!
と言うか握りは変わるし安心してブレーキ出来ないのと、リアマスターがお亡くなりになったのでOHしました。
と言ってもパーツは洗浄し問題がなかったので組み直しただけなのでOHと言うか洗浄したというわけです。
いやー正月も終わって一段落。天気も良いので近藤(連れ)に昼飯を作らせながら作業に取りかかります( ゚д゚ )
近藤>>なにしてんの?
僕>>ブレーキマスターのOHだよ(´∀`)
近藤>>へぇ〜するとどうなるの?
僕>>ブレーキが効くようになる^^
近藤>>じゃあ今までは効かなかったの( ゚д゚ ?)
僕>>えッ(;^ω^)

まぁそんな感じ? とまぁオチもなく説明しながら作業します。
まずはリアのマスターをばらすところから。うれしいことに工具は引っ越しの時にすべてそろえたので大体出来ます^^。
さくっとばらしてパーツクリーナーを吹く。なんじゃこの汚れはw
カスだのゴミだの出てくるわ出てくるわw
その後組み付けて完了。 と言うわけにも行かずエア抜き地獄の開幕である。
何度やっても抜けない。それもそう。リアマスターの向き的にたまるのがイクナイ所w(・A・)イクナイ!!
仕方ないのでバンジョ-ボルト経由でエア抜きすることに・・・(あんまり真似しない方が良いかも)
その後キャリパーから抜いて完了。フルードを大半使ってしまった^^;
続いてフロントをOHする。
ただ稼働に問題は無いのでバンジョーの所からクリーナー吹いて終りとする。
こいつもまたエアが抜けないのなんの・・・
リアと同じ手法で完了。今度はエアフリーバンジョーを導入したい所だ。
まぁこんな感じでいつものブレーキタッチを取り戻したのだが・・・
如何せんキャリパーの動作が怪しい。
今度はキャリパーをOHしないとならなそうだが時間がないので揉み出してペーパーかけてシリコングリスでならしておいた。
今回使用したフルードはElfのフルードだ。
容器ほしさに買ったまぁ無駄遣い。
普通はカストロで問題無いし5.1も要らない。

このバイクで真夏でもフルードが沸騰することは無いのだから・・・