CBR Re-birth

CBR Re-birthとは?
このページにアクセスしたという事は何らかの形でRe-birthというワードに興味を持って頂いた事と思います。
さてこの2010/4月中何があったと言えばCBR250RR Re-birthであるわけです。
このRe-birthとはググルと出ると思いますがGLAYのライブのタイトルです。復活を意味しています。このライブが行われるまでの1年間。GLAYとしては非常に苦しい時期であったと 本人達は口にしています。
10年の節目を迎えたその時、来るべき厄災は来たのでしょう。それを乗り越えRe-birthと言う形でGLAYは復活したそうです。

さて。まぁGLAY好きな僕らしいと言えばらしいですがCBRも今回このRe-bitrhと言うワードを持ちいらせて頂きましたのは他でもありません。
それは4月6日。
4月も始まりまして茨城で一番高い山へ行こうと言う事で朝もはよから八溝山へ行ったときのお話です。
山へ上るのは問題無かったのですが下り。

ちょっとした濡れた泥が意外にも深くそこでリアが流れ転倒してしまったのです。

ダメージは少ない物の厄介でした。

ステップが砕けシフトリンケージが曲がり、カウルは傷だらけ。

幸い割れたのはスクリーンのみでしたがちょっとしたショックです。 ウィンカーは前のみ砕けてしまいますし…


家に帰り、眺めた後に考えたわけです。 これを機にあっちこっち修復しよう これがCBR Re-bitrh企画の実態です。

主にした事
– FフォークOH
– アウター塗装
– ステム周り油汚れ除去
– トップブリッジ塗装
– ステムナット交換
– スイッチボックス修復(Low・HIが効かなくなったため直しました)
– プロジェクター・ライト修正
– バルブ交換 HIビームもHIDに改造。
– H4バルブのためD4は使えず… バルブを破壊。
– ステーをD4に付け、H4ながらD4バルブ化させました。

 
 

アッパー修正。(剥がれたところを黒に塗装後、ホイルを塗った際に余ったウレタンクリアを塗る。) タンク交換(塗装のため) ステップ改造。バックステップ化しました。
オクにて600RR用のメッキステップに換装。

 
 

前後ホイールゴールド塗装。
配線加工。さらなる簡素化。
メーター修正。
ETC配線短縮 サイレンサー修正。
リアマスターカップレス化 エンジンボルト類キャップボルトに変更 残るは外装のみ。
と言うことで12月 塗装をしステッカーをオークションにて落札。

 

なんだか地味なカラーに・・・

 
後は黒の部分にステッカーを貼りたいと思うけど・・・**ほんと地味なバイクになりました(笑)

まぁもう21だし〜?中二病とはおさらばと言うことでw おとなしいレーサー仕様になったとさ。

見た目は清楚、中身はアンドロイドなCBRw