第4話 始動テスト→キャブOH

一応組みあがったのでとりあえず、始動テスト。

地味に4連バキュームゲージも持ってます(笑
とりあえず、動くように走るようになってからあれこれ考えようとか思っていますが思いに反して作業が進みません。
バッテリーもこないだ充電したのに、だめで、プジョーからブースターかまして指導テストです。


ところが全くエンジンがかかりません。爆発してな・・・い・・・??


プラグを見てみると全く爆発していません。
プラグコードから導通を見てみると、感電したので通電はしているようです。

※よい子はマネしないでね

一応、買っておいた新品プラグをつけてテストしますがやっぱりかかりません。
いや正確にはかかりそうでかからず爆発してるので、やっぱりキャブが死んでました。

キャブはちょっとでも妥協するとほんとにだめなのです。
知ってはいますがちょっと気を抜いたようです。

小さいパーツですがこいつがあったりなかったりとれてなかったりするので全部取って付け直しです。

結構こいつが諸悪の根源なことも多いです。
程度がいいものを探して再洗浄。

もう一切の汚れも認めません。
史上最強のキャブクリーナー。KUREとかほかのものより格段に匂いが違います。

ヤマハキャブクリーナー「我向かうところ敵なし」

ちなみに父親曰く40年ぐらい前から、やっぱりこれが最強とのことです。
ヤマハの燃料添加剤もこれの原液みたいなものなので使えるのかな・・・?

やっぱり落ちが違う!まだまだ汚れが取れていきます。
母材が解けちゃわないか心配になるレベル。

それでも全部が全部Yamahaだとお財布が軽くなっちゃうので、別のも用意してあります。


これまたマイナーなやつですが、及第点ってところでしょうか。

さてきれいに組みあがったところで、始動すると何のこともなく始動しました。

同調がなかなかうまいこと取れず時間かかっちゃいましたが何とか実働までこぎつけました

何とかといっても、もう何年もこんなことやってるので特に驚きもないのですが人が乗ってたノーメンテ車両はほんとに大変です。
最初からレストアの気持ちでやらんと心が折れちゃいますね(笑)

今後の予定ですが、やっぱりフルパワーにしたい欲求が強く

  • 倒立フォーク
  • リンク式サス
  • ZXR400改エンジン
    あたりを狙いたい!
    ついでにホイールとかももうちょっと軽くしたい!
    というかザンザス重すぎ!!

とかあふれる欲求をまとめながら次回の作業を考えます。