第6話ザンザス解体作業

連続の更新で申し訳ありません。
あいすBLASTです。
プジョーも落ち着いてきましたので、ようやくザンザスに着手して行こうと思います。
皆さん、カスタムとかレストアとかする時って、いろいろ妄想やアイディアとか方向性って考えながらやることってあると思いますけど、まとまらないんですよね(笑
僕なんかは、仕事の合間とか出勤前とかに情報収集しメモ帳にラフ案を書きながらあーだのこーだの考えてます。

ゆえに、いつも解体作業中に方向性が変わってしまうのです(‘A`)  

さてそんなこと考えながら作業を開始していきますがまずはスイングアームから。
うちではいろんな工具をそろえていましたが、ハンマーがない・・・
そうハンマーがないのです。
ということでMONOTAROにて、いつも通り頼もうかなぁ~と思っていたらやっぱりAmazonのほうが安かったのでそっちにしました。

やはりピボットシャフトが固着してる!

いくらたたいてもネジがつぶれてしまうだけなので、シャフトをガスバーナーでキンキンに熱して5‐56で浸透させます。
そのあと、シャフトにナットを仮止めして思いっきり叩くと重めの感触。
途中で引っかかりましたがやっとこ抜けました。


そのあとはエンジンを下して配線取って、今ではもうバラバラです。
この後の予定を考えるだけで、選択肢いっぱい。
ブラストもかけたいし塗装もしたい、溶接もしたいとか考えるだけで日が暮れてしまいました’,、('∀)   ‘`,、
今後の予定のメモ書き

  • ブラスト加工
  • フレーム
  • スイングアーム
  • アウターブーツ
  • トップブリッジステム
  • ブレーキローター

など、作っていく予定です。

フロントフォークどーしようかなぁああ~