最近のWordPress

最近のWordPress

2018-03-07
日記帳

最近のWordpress

投稿の仕方
最近の投稿スタイルはiPadで下書き書いて、ブラウザで写真などを添付して投稿することが多くなってきています。
文章だけの記事の場合にはアプリからそのまま投稿してしまうことが多く、Markdownなどで書いていると使うアプリによって反映されたりされなかったり、プレビューが面倒だったりするので環境作りは結構モチベーションに影響するぐらい投稿環境は重要なのです。

そこでちょっとだけ自分の環境をメモがわりに公開してみようと思います。

投稿の方法

WordPressの記事を更新するにあたって方法はいくつかあります。

アプリ
* WordPress公式アプリ(IOS)
* するぷろ
* press sync
* iA Writer
* MWeb
* Ame Editer

ブラウザ
* pcと同じ
* WordPress.com

こんな感じの環境下で希望はいっぱい夢いっぱい。

  • Markdown環境
  • 願わくばコードハイライト付き
  • なおかつUIが日本語

希望

  • Googleフォトから連携して自動でライブラリにアップロード
  • 過去記事編集
  • WEBプレビューもしくは、CSSを読み込んで本番表示でプレビューしたい
  • 下書きデータはファイル保管
  • WordPressアップロード

と希望はいっぱいありますが叶うものと叶わないものがあるのでこの中からわりかし楽な方法を選んでます。

アプリ編

WordPress公式アプリ(IOS)
流石公式アプリだけあって、しっかりとした挙動です。
テキストエディタもビジュアルエディタも使えるので、WP初心者でも安心。カテゴリやタグの編集も可能なので特に不便することはないかも。
Android版と違って、写真のアップロードはフォトライブラリーからしか引っ張れないので、Googleフォト使っている人は要注意。iCloud共有を使わないとひっぱれません。
Markdownもちゃっかり対応していますが、コードハイライトなどが使えないことと、AddQuickTagなどWEBのテキストエディターなどでカスタムしている内容は反映されません。※当たり前ですが

しかし、スラッグの連番処理はされているのでちょっと便利に感じています。

するぷろ
エディターとしては有名なするぷろですが、個人的には利用していません。
理由としては、下書きでいろんな記事を書きためていますが、そういった用途には向かないこと。そして、元々は写真などメディアのアップロード対応ということですが、なぜか自分の環境だとipadのライブラリの枚数が一部しか連携されず、使用するメリットがないので使っていません。

press sync

非公式のWPアプリとしては最強の部類です。
Markdownはもちろん対応しているし、過去記事の編集も取得も固定ページでも可能です。
ビジュアルエディターではなく、テキストエディターに特化しているのでシンプルでなおかつ使いやすいので重宝しています。
メディアのアップロードは同じくWPのサーバーか本体のライブラリしか参照できないので、Googleフォトとの連携ができないところは、公式と同じですが、公式と違ってUIがシンプルなので気に入ってます。
また、プレビューは実際のページでのプレビューを表示できるのでかなり優秀なアプリだと思っています。

iA Writer

下書きを書くことについては最強の部類のテキストエディターです。
元々は、コードを書くよりも文章を書くことに長けているためかコードハイライトが名詞や副詞・形容詞などでハイライトされるのでコードライターの人は向いてないです。
しかしながら、Markdownに対応しているので書物として文章メインでブログを作る人には便利な感じです。
一応写真の挿入もできますが僕は使っていません。

また、執筆中の文章を追うようにタイプライターモードなど書き手を飽きさせず、なお便利に集中して書くことができるので読み物を作るときには良いと思います。
Markdownのクイックタグも挿入できるので、バーーーーッと書いてあとから装飾していくタイプの人も満足できるのではないかと。

僕の書き方としては、iAWriterで下書きして公式アプリに貼り付けてアップロードする方法が多いです。

MWeb

本格的なHTMLエディターです。
Markdownにももちろん対応、クイックタグもすごい使いやすいのですがちょっとUIが使いにくいです。

Googleフォトに唯一対応していますが残念ながらURLをリンクする方法なので、写真を全てGoogleフォト保管の人は神アプリなんですが、僕は自分のサーバーから読み込みじゃないと嫌なので使ってないです。

用途的には、iAwriterとどっちかなぁって感じです。

Ame Editer

Markdownが使えない!以上!
ビジュアルエディターとしては優秀です。。

ブラウザ編

SafariとかChrome
PCと同じ表示なので使いやすい云々はありませんが、タブレットだと画面が小さすぎるので、無理です。
また、エディターエリアのスクロールがうまくいかない時があったり、挙動がへんな時があるので、スマホおよびタブレットに最適化した管理画面も用意してくれるといいのですが・・・
どうやら、function.phpとかCSSいじると生まれ変わるそうですが情報が少なく、やってないです。

WordPress.com
アプリがブラウザ版になったぐらいです。
IOS環境で唯一Googleフォトからライブラリに写真を移せます。
神ってる・・・

Android版だと、こんなことで悩まなくていいのですがIOSの縛りは細かいところで面倒です。

ということで、WordpressはIpadで編集するとMacがいらないとか言われていますが、方法によってはそんなことなくむしろAndroidの方が優れてない?と思うこの頃なので、今度はAndroidタブレットを試してみたいと思ってます。

function.phpで追加したこと

スラッグの連番処理

日付で行っても良いのですが、なんとなく連番にしてみました。

こんなかんじのカスタマイズを加えています。
ちょっと快適な執筆環境になりました。